北千住をしているⅠ

久しぶりの北千住散策。

何年ぶりの西口散策だろうか。通称 千住本町と呼ばれている千住地域 今の国道4号や常磐線・東武線開通以前からある、江戸と日光を結ぶ日光街道が町内の真ん中を貫いている由緒ある街である。 相変わらず市街地の背後に聳え立つマルイの存在感が目立つ。

旧日光街道沿いには、熟成を重ねた建物も多い。

10年前は銅板葺きだとばかり思っていた、こちらの建物・・・

10年後に来てみてみてビックリ、赤錆ていた(笑)

期待を良い意味で裏切られた、コレはコレでいい味が出ている。

北千住は下町だ、下町は北千住だ、確かに北千住は下町だけれど隅田川と後に開削された荒川放水路に挟まれた環境のおかげか、北千住という独特のカテゴリーの文化が存在する、駅前を再開発するも団地跡地や工場跡地だけで対岸の南千住の様な街が丸々消える事は無い、マルイのある場所は、元駐輪場とレンガの倉庫や喫茶店と畳屋があった場所でTDUが造られた場所は、日本たばこ産業の社宅跡地と商店街の一部だ。

狭い路地が入り組む迷路へと進む。

つづく。