消えゆく半世紀前の団地達。

久しぶりにカメラを片手に、取り壊しが始まろうとしている大蔵団地の一角にやってきた。

 既に人の気配を感じない2棟の建物。

 外にむき出しに組まれている配管が、子供の頃遊んだ団地の建物と同じで懐かしい。

建物は壊され解体されても、半世紀かけて構築された人々の思い出は心に残る事でしょう。