ニッケルエルマーで繰り出す夜の曳舟。

ニッケルエルマーで夜の下町を撮りたくなりNEX-5Rに装着し花の金曜日の曳舟へ。白熱球の暖かな包まれる飲み屋街。

仕事帰りのお父さんたちが一杯ひっかける店を探しております。

駅を降りるとすぐに下町らしさが残っている曳舟に安心感が生まれる。

亀戸線側の飲み屋街も歌謡曲カラオケのPVよろしくムーディーな飲み屋街があります。

この辺りの住宅街に住んでいる人達は、足早に帰路についていました。

駅前にある昔からある運送屋さん。木造の店構えが昭和30年代の曳舟の街並みを想像させてくれます。

細い路地を少し入ると年季の入った家屋があり、ニッケルエルマーが幻想的に浮かびあがらせます、歩かないと見つからないシーンが撮れるのも下町散策の醍醐味の一つ。

下町の平凡な街並みの背景に現代建築の東京曳舟病院の影が・・・

北千住マルイができた時の千住の町並みとシーンがダブります。

オシャレなBARのステンドグラス。左端のマークがTOYOTAマークⅡのエンブレムに見えてしまった(笑)

マークⅡ再来 この手の意匠の窓ガラスは、1970年代建築の住宅でよく見られんね、光の光線具合で色々な表情に変わるので夢中にさせてくれます。

下町を構成する上で必ずあるクランクコーナー。。。嫌いじゃありませんよ。

実は背景に立派なスカイツリーがあるのですがニッケルエルマーじゃ収めることが不可能でした。

次回は、昼間に再訪しようと思います。