陽が傾く頃に幻想が現れるⅡ。

随分と間が空きましたが、江戸東京たてもの園に行った時の写真の続きです。DSC07647

DSC07670

DSC07680

DSC07669

DSC07676

良くも悪くも時が止まっていて(保存され)時代劇のセットの様な空間が広がります。

DSC07681ところ変わり 子宝湯 の中にお邪魔しました。

DSC07684

DSC07685西日が入り優しい雰囲気に包まれます。

DSC07700 枝のシルエットが水墨画よろしく、これも設計に含まれている様でアイディア満載です。

DSC07694

DSC07715

DSC07717

DSC07718

DSC07699

DSC07696押したら今にも勢い良くお湯が噴出しそうですが、たてもの園なので出ませんでした(笑)

DSC07806 いよいよ陽が傾いてきました。

DSC07809空き地と土管と木柱・・・当時のスタンダートアイテムでしょうか?

DSC07831

DSC07828強烈な西日が差し込み町を茜色に染め上げていきます。

次回のたてもの園撮影は毎年恒例の夜間撮影に挑みたいと思います。