モノクロームで迫るビジネスバイクあれこれ(2)

前回から2ヶ月空いてしまったが、気を取り直してモノクロームで迫ってみましょう(笑)

DSC03791

言わずと知れたスズキ名物馬蹄型ライト大まかな分類は、シールドビーム馬蹄・レンズ馬蹄・丸レンズ馬蹄・薄型馬蹄が存在する。画像は丸レンズ馬蹄 (SUZUKI K125)

DSC03815

向かって右はツーシリンダー(2気筒)モデルのスズキS30 左は単気筒ながら2本出しマフラーのスズキK125

DSC03803

DSC03802

CD125→CD125K→CD125Tと進化を重ねたCD125シリーズの最終形態のCD125T。通称弁当箱メータがとても目立つ。

DSC03798

かつてのスズキは、ボルトまで Sマーク が刻印もしくは陽刻が徹底され一種の狂気を感じる物がある。(SUZUKI K125)

END